Language      

五島市なび
HOME > イベント > 祭り・伝統行事 > 戸岐神社例祭
戸岐神社例祭
祭り・伝統行事(福江エリア)

市指定民俗資料
戸岐本村の祖先は寛永年間(1624~64)、若松の漁生浦及び玉之浦の昼寝浦からの移住民と云う。戸岐神社は元禄年間(1688~1703)、漁神として石の小倉を建て、鎮守大明神と称したが、明治維新の時戸岐神社と改称した。 明和2年(1781)第27代藩主五島盛道公は、武運長久と氏子の繁栄を祈るため、社殿を造営し、以来毎年、例祭には五島家より代拝を遣わす慣わしとなった。
例祭は正月15日(戦前は旧暦・現在は1月第2日曜日)で、神輿は古式に則り戸岐地区内を巡行する。巡行の行列は先導-大麻-先太鼓から諸役(伶人・旗・提灯・壺胡録・弓・太刀・御幣・神輿・賽銭箱・後太鼓など)が続き、巫女-宮司-総代-唐櫃、最後尾に氏子となる。猿田彦・翁・嫗がそれに続き、道中道化役となって祭りを盛り上げる。
戸岐神社の例祭は、構成が古代の様式を極めて正確に踏襲し、祭日に先立ち、神具である御幣(一番御幣・二番御幣ほか)を入札するなど、地域的特色が顕著な行事である。
詳細情報
イベント期間 2013年01月13日(日)
会場 五島市戸岐町
電話番号 0959-72-7800(五島市教育委員会生涯学習課)
時間帯 11:00頃~
費用 無料
交通アクセス
  • 福江空港からの距離:約(所要時間:約
  • 福江港からの距離:約(所要時間:約
目的地マップ
五島市ポータルサイト
口コミ
一つ前のページへ戻る
フッタ影
五島市ウェブ  五島うどんのうまか食品  五島の美味しい魚をさばく料理店。心誠  恵比寿レンタカー 
ごと  ごと  バナー広告募集枠  バナー広告募集枠