Language      

五島市なび
HOME > イベント > 祭り・伝統行事 > 富江町山下のオネオンデ
富江町山下のオネオンデ
祭り・伝統行事(富江エリア)

【無形民俗文化財】長崎県五島市の旧富江町地域に伝わる念仏踊り。
江戸時代に豊作を願う踊りとして始められた。その後、明治・大正時代までは、藩主のお墓や神社などに踊りを奉納していたが、現在は、初盆のお墓の前で亡くなった人たちのために踊っている。

オネオンデという名は「出ておいで」という意味の「おねよね」からきている。農家の人たちが稲や麦の種をまいたあと早く芽が出るようにと祈って「おねよね」と唄っていたところからこの名前がついたらしい。

昔は山下、岳、山手、丸子、琴石、太田、横ヶ倉、松尾、狩立、黒島の各地区で行われていたが、現在では山下と狩立のみ。狩立地区は小学生が、山下地区は高校生が踊る。蒲の葉の腰蓑を付け、首に掛けた太鼓を歌と鉦に合わせながら踊る。歌は上手(かみて)と下手(しもて)に別れ、上手は鉦を手に持ち歌に合わせて鳴らす。歌と鉦は地元の大人で組織する保存会が受け持つ。
五島市にはオネオンデ以外にも、福江の「チャンココ」、玉之浦町の「カケ」、三井楽町の「オーモンデー」など、同系の念仏踊りが伝わっている。

富江町山下のオネオンデは山下オネオンデ保存会が行っています。 メンバーは中学3年生~高校生の男子15~16人が踊りを、一般男性25~26人がウタとカネを担当しています。 13日は富江地区のお墓で、14日に山下地区の家とお墓で踊ります。 13日は夕方6時ごろに富江町の大蓮堂本堂から踊り始め、その後踊り手が3人づつ3班に分かれて依頼が入った家を回ります。 14日は早朝から依頼のあった家を回り、夕方からはお墓を回ります。
詳細情報
イベント期間 2012年08月13日(月) ~ 2012年08月14日(火)
備考 狩立オネオンデ保存会
交通アクセス
  • 福江空港からの距離:約(所要時間:約
  • 福江港からの距離:約(所要時間:約
目的地マップ
五島市ポータルサイト
口コミ
一つ前のページへ戻る
フッタ影
五島市ウェブ  五島うどんのうまか食品  五島の美味しい魚をさばく料理店。心誠  恵比寿レンタカー 
ごと  ごと  バナー広告募集枠  バナー広告募集枠