Language      

五島市なび
HOME > イベント > 祭り・伝統行事 > 嵯峨島オーモンデー
嵯峨島オーモンデー
祭り・伝統行事(三井楽エリア)

国選定無形文化財、長崎県指定無形文化財
国選定無形文化財、長崎県指定無形文化財。 福江のチャンココと同系の古い念仏踊りであるオーモンデー。嵯峨島は孤島で他に影響されることなく保存され、原型に近いのではないかといわれています。 構成はカネたたき4人、踊り手8~12人、半袖シャツに黄色の短い腰布を巻き、舞葺(まいぶき)の葉で編んだ蓑を腰につけ、金銀5色の切り紙を飾ったカブトをかぶり、太鼓を前に抱き、バチを持って踊ります。踊り手が身に付けているカブトとまえぶり(腰に巻いているミノ)は自作です。 ヨーデル調の唱詞をとなえるのと、踊り手の力強い掛け声と太鼓の音が調和して大変素晴らしい踊りです。 「オーモンデー」はカネ叩きが唱える歌詞の一部です。 嵯峨島オーモンデーは、昭和32年に発足した嵯峨島オーモンデー保存会によって行われています。会員は現在約20名。 嵯峨島オーモンデーは8月14日に行われます。 初盆を迎える家とお墓で踊ります。

詳細情報
イベント期間 2012年08月14日(火)
会場 嵯峨島地区
ホームページ http://www.k-int.jp/~saganoshimasho-cyu/kazuma/
交通アクセス
  • 福江空港からの距離:約(所要時間:約
  • 福江港からの距離:約(所要時間:約
目的地マップ
五島市ポータルサイト
口コミ
一つ前のページへ戻る
フッタ影
五島市ウェブ  五島うどんのうまか食品  五島の美味しい魚をさばく料理店。心誠  恵比寿レンタカー 
ごと  ごと  バナー広告募集枠  バナー広告募集枠