Language      

五島市なび
HOME > 観光 > 教会 > 宮原教会
宮原教会
教会(福江エリア)

五島カトリックの復活の地とも言える奥浦から更に奥。民家風の屋根の十字架を見逃すと、通り過ぎてしまいそう。
 寛政9(1797)年以降、大村藩から五島へ移住した潜伏キリシタン達は奥浦地区では平蔵、浦頭、大泊、浜泊、堂崎、嵯峨瀬、観音平、半泊、間伏、そしてここ宮原にも住み着きました。宮原のキリシタン達も地元地区の寺の壇徒となって潜伏していたといわれています。  幾多の苦難を乗り越えた信徒たちは、禁教の高札が撤去され、外国人宣教師がやってくるようになると、自分達の集落に教会を建設しました。明治18 (1885)年、ペルー師の在任後期のことです。ペルー師がこの教会に巡回しミサを捧げてから、当時の総代等十数人が洗礼を受けたと伝えられています。またこの教会では宣教師から教えを受けた伝道婦が巡回宿泊し、カトリックの教理の教えやこどものしつけなどを説いていました。当時教会内部は、祭壇の前にミサのときだけあける障子があり、普通は閉めて使用したそうです。  その後、教会の維持管理上大修理の必要が出てきましたが、少ない信徒にとっては大きな負担でした。昭和46(1971)年、信徒達は当時の総代を中心に資金積立を始めましたが、物価が上昇していた時期であったため早期改築にとりかかり、同年7月11日に改築工事の落成をみました。当時の浦頭教会主任司祭野下千年師が祝別し、現在に至っています。  小さな集落のこじんまりとした民家風の宮原教会は、屋根の十字架を見落とすと、教会と気付かずに通り過ぎてしまいそうです。外観同様内部も簡素なつくりですが、のどかな集落の人々の暮らしの中に根を下ろし、朝な夕な祈りに訪れる人の姿が見受けられます。

詳細情報
住所 五島市戸岐町773-2
電話番号 0959-73-0072(浦頭教会)
ミサの時間 <日(第1、第3)> 13:00
駐車場 若干有
ホームページ http://www1.odn.ne.jp/tomas/miyahara.htm
交通アクセス
  • 福江空港からの距離:約(所要時間:約
  • 福江港からの距離:約(所要時間:約
目的地マップ
五島市ポータルサイト
口コミ
一つ前のページへ戻る
フッタ影
五島市ウェブ  五島うどんのうまか食品  五島の美味しい魚をさばく料理店。心誠  恵比寿レンタカー 
ごと  ごと  バナー広告募集枠  バナー広告募集枠