Language      

五島市なび
HOME > 観光 > 教会 > 楠原教会
楠原教会
教会(岐宿エリア)

明治の弾圧で33人が牢屋に入れられ拷問を受けた。迫害をくぐり抜けた信者がこつこつと貯蓄を増やし教会を設立した。
 大村藩(現在の長崎市外海方面)から移住してきた潜伏キリシタン第一陣108名のうち、一部の者は楠原に住み着きました。彼らは五島と大村の藩主の了解のもと家老の指図で送られたもので移住当時は御用百姓として優遇されました。  時は移り、元治2(1865)年長崎の地で世界中を驚かせる信徒発見の日を迎え、五島のキリシタンたちも、次々と長崎のプチジャン司教の元を訪れ、五島の津々浦々に待ちに待った神父到来の報が伝えられました。しかし喜びもつかの間、五島では明治に入る頃から信徒への弾圧が始まり楠原も例外ではなく、捕えられ帳方の家が牢にあてられました。  北風の吹きすさぶ寒い季節でしたが、着物一枚しか身に着けることを許されず、夜具もなく、着のみ着のままで過ごさねばなりませんでした。信徒達は寒さに震えながらも互いにロザリオを祈り、励ましあって殉教も覚悟していたといいます。やがて水ノ浦の牢に移され、棄教を迫る役人の残酷な拷問が待っていました。あまりの苦痛に泡を吹いて気を失う者もいました。  明治6(1873)年、禁教の高札が撤去され、ようやく捕縛や入牢はなくなりました。  明治10(1877)年になると、パリ外国宣教会の宣教師が来島し五島への布教が始まりました。楠原の信徒たちもまだ貧しい生活でしたが、外国人神父の指導もあり教会建築の費用として長年にわたる積み立てを始めました。  明治45(1912)年、教会建築の名工鉄川与助により3年の歳月をかけて完成したのが現在の楠原教会です。内部はリブ・ヴォールト天井、外観はレンガ造りのゴシック様式で、下五島に現存する教会としては、堂崎教会に次ぐ2番目に古い教会です。信徒たちも教会建設のためにお金を捧げるのはもちろんですが、整地作業や建築資材を寺脇の山奥から伐採し運び出すなど危険を伴う作業もいといませんでした。また外壁に使用する赤レンガは、購入後船で運ばれ奈切の浜に積み上げられていたのを、小学校に通う子ども達が学校帰りに持てる数だけ運び手伝いました。女性達は浜で集めた蜷殻を焼き漆喰用の石灰を手作りし、男性達は基礎工事用の石材やコンクリート工事用の資材の運搬を受け持つなど骨の折れる仕事も喜んで行いました。  こうして完成を見た楠原教会は大正2年、コンパス司教により祝別、献堂式が行われました。楠原の信徒ばかりでなく、水ノ浦小教区全体にとっても大きな喜びであり盛大な落成式であったと伝えられています。  その後年月の経過と共に楠原教会は徐々に傷みが出始め、その都度部分的な補修が行われていましたが、昭和43年には祭壇部分を含め大がかりな増築、補修工事が行われ現在に至っています。  境内にはファチマの聖母と牧童達のかわいい像を配した一角があり、こちらも祈りの場になっています。  また、近くには明治元(1868)年の弾圧でキリシタンが投獄された楠原牢屋敷跡があり、記念碑が建てられています。牢屋敷当時の柱材の一部は、お告げのマリア修道会楠原分院の建物の一部として約40年間使用されましたが、修道院の解体に伴い、平成8年に復元された現在の牢屋敷跡に使われ当時の名残をとどめています。

詳細情報
住所 長崎県五島市岐宿町楠原736−3
電話番号 0959-82-0103(水ノ浦教会)
ミサの時間 <火・木・土> 5:45、<日(奇数週)> 6:30、<日(偶数週)> 8:30
駐車場 有(20台)
設備 トイレ有り
ホームページ http://www1.odn.ne.jp/tomas/kusuhara.htm
交通アクセス
  • 福江空港からの距離:約(所要時間:約
  • 福江港からの距離:約(所要時間:約
目的地マップ
五島市ポータルサイト
口コミ
一つ前のページへ戻る
フッタ影
五島市ウェブ  五島うどんのうまか食品  五島の美味しい魚をさばく料理店。心誠  恵比寿レンタカー 
ごと  ごと  バナー広告募集枠  バナー広告募集枠