Language      

五島市なび
HOME > 観光 > 教会 > 嵯峨島教会
嵯峨島教会
教会(三井楽エリア)

海を望む高台に立つ小さな木造教会。漁に出る人たちを見守るように、十字架が輝いている。
 寛政9(1797)年以降、大村藩(現長崎市外海地方の神ノ浦、牧野、三重田)から迫害を避けて逃れてきた潜伏キリシタン達は、貝津の西方沖合い4キロの地点に浮かぶ小さな嵯峨島にも住み着きました。  禁教の高札撤去後、嵯峨島に教会が建てられるまでは信徒の家を利用してミサが捧げられていましたが、明治21年小聖堂が建てられました。地元の古老によると、島の人が「み堂」と呼んだ跡地は、今は竹が生い茂り往時をしのぶことはできません。  しかしその下の海岸の「み堂の下」という呼び名にわずかに当時の名残をとどめています。  大正7(1918)年、嵯峨島の信徒達は信徒が多く住む竹原集落に木造の現教会を完成させました。11月10日には祝別・献堂式が行われています。教会の創建当初は三井楽小教区に所属しましたが、昭和28(1953)年貝津教会が三井楽小教区から分離・独立したのを機に、貝津小教区の巡回教会となり現在に至っています。島の信徒達は大正7(1918)年に建てられた現在の教会を、度々改修や補修を繰り返しながら大切に維持しています。  高齢化が進む五島にあって比較的若い世代の多い活気のある島で、先祖からの信仰は子や孫の世代へと受け継がれています。漁業が盛んなこの島は住民の大半が漁業に従事し、信徒達は船にマリア像を運び入れ、危険を伴う海の仕事を先祖と同じように祈りに委ねています。  現在嵯峨島教会には、三井楽教会から月に二回司祭が巡回しミサが行われています。  また玉之浦町の井持浦教会ルルドの洞窟に使われている岩石は、五島の各地から形の良い石が運ばれてできたものですが、嵯峨島の岩石も多数含まれています。嵯峨島の外海に面している高さ100メートル以上の断崖の下には、荒波にもまれ洞窟を形成するのに適した石が多かったことから、信徒達の労力奉仕により多くの岩石が船で運び出されました。  今から110年以上も前のことです。

詳細情報
住所 五島市三井楽町嵯峨島
電話番号 0959-84-2099(三井楽教会)
ミサの時間 <第1、第3日曜日> 9:30頃 ※天候により日程が変更になることもありますので、ご確認下さい。
駐車場 3台
ホームページ http://www1.odn.ne.jp/tomas/saganosima.htm
交通アクセス 貝津港から嵯峨島汽船で20分 → 嵯峨島桟橋から徒歩10分
目的地マップ
五島市ポータルサイト
口コミ
一つ前のページへ戻る
フッタ影
五島市ウェブ  五島うどんのうまか食品  五島の美味しい魚をさばく料理店。心誠  恵比寿レンタカー 
ごと  ごと  バナー広告募集枠  バナー広告募集枠