Language      

五島市なび
HOME > 観光 > 教会 > 三井楽教会
三井楽教会
教会(三井楽エリア)

コンクリート造りのモダンな聖堂。正面外壁、司祭館内とも鮮やかなモザイク壁画で彩られている。
 かつて遣唐使船最後の寄港地として風待ちをし、この地から一気に唐へ向け東シナ海へ船出したおおらかな歴史に彩られる三井楽。ここはまた五島キリシタンの信仰を最も長く刻んだ地でもあります。  三井楽地区には寛政9(1797)年、大村藩から五島への農民の公式移住が始まる以前に大村藩からの移住がありました。安永元(1772)年に70人の農民が渕ノ元へ、翌年の安永2(1773)年には大勢三井楽へ移住し、この3年後には78人が渕の元に住居を定めています。彼らは農業に従事し、冬の間は鯨加工の季節労働などで生計を立てていました。また表面上はみょうじん様や山の神などを祭りながらも密かにキリスト教の信仰を守っていました。潜伏キリシタン達が五島を目指した最大の理由は、大村藩で行われていた間引きといって増えすぎる人口を抑制する政策と、絵踏を強要する政策から逃れて信仰と生活の安住の地を求めたからですが、天保10(1839)年には、長崎の浦上2番崩れで放免された信徒の一部が三井楽(嶽集落)に住み着きました。彼らは放免により浦上の自宅に戻ったものの家の中は略奪により何も残っておらず、生活ができないため五島へやってきたのでした。  しかし明治元(1868)年、久賀島に端を発したキリシタン迫害は三井楽にも及ぶこととなりました。棄教を迫られても受け入れなかった三井楽のキリシタン達は牢につながれ鉄の十手や棍棒で殴られたり、算木責めや押しから責めなどの拷問を受けました。これに同情を寄せた一家がおかゆを差し入れてくれたこともありました。信徒達は弾圧に耐え棄教者や死亡者を出すことなく大半は一ヶ月で出牢できましたが、一部の者は牢に残され全員が放免されたのは明治4(1871)年のことでした。  明治5年、6年、7年には外国人神父が密かに三井楽に来て、宣教、司牧活動を行い信徒の家でミサを捧げたこともありました。  これらのキリシタンの流れを汲む信徒達は明治13(1880)年、現在地にゴシック様式の木造の教会を建設しました。材木は信徒達が高浜の近山から斧で切り倒し、ろ舟で運びました。当時はマサカリや斧を所有していた信徒は2名しかおらず、一日に一本の木しか切り出せない日もありましたが、柱石にはシロアリ予防のため鯨皮を敷きクリスマスに間に合わせるよう工事を急ぎ完成させました。当時の三井楽教会の信徒数は316人でその年のクリスマスミサは玉ノ浦の信徒も参加し、降誕の喜びと教会の完成を皆で祝ったことが伝えられています。  その後年月の経過と共に必要に応じ大修理を施し、また信徒の増加に対応するため増築、改築を重ねましたが、建築から90年後の昭和45(1970)年、シロアリによる被害のため解体せざるを得ませんでした。  翌、昭和46(1971)年には新しい教会が建立され現在に至っています。  三井楽教会は、外壁正面の陶器で描かれた大きなモザイク聖画(テーマは諸聖人)と、内部のステンドグラスの美しさが非常に印象的な教会です。今ではステンドグラスはモザイク聖画とともに三井楽教会のシンボルとなっています。しかし、もともとここには長い間サッシのガラス窓しかなく、ステンドグラスは数年かけて2005年に完成した比較的新しいものです。  『10年以上前、今は亡き三井楽出身の篤志家が、三井楽教会にステンドグラスを入れたいという望みを抱きました。カトリック信徒ではありません。ひたすら故郷のために何かをしたいと望む彼は、実際にさまざまな行動をした人でした。故郷のための費用の拠出にいつも真心が込められていました。そんな時、祈りの家をいつかはステンドグラスの光で満たしたいという信徒達の思いがありました。そこにステンドグラスを手作りしたいというボランティアグループの奉仕の申出が加わりました。それぞれの思いが時を同じくし出会い、ステンドグラスの構想が前へ大きく動き始めました。』  教会内部の左後方の壁にかけられた小さなプレートには、制作1999年10月~2005年12月3日完成とあります。ステンドグラスの完成を待たず急逝した篤志家への感謝と永遠の安息を祈るために、三井楽教会では毎年完成月の12月にミサを捧げ信徒全員で祈っています。  ステンドグラスにまつわる心温まるエピソードは、三井楽教会の新しい歴史としていま鮮やかに人々の記憶に刻まれています。

詳細情報
住所 五島市三井楽町嶽郷1420
電話番号 0959-84-2099
ミサの時間 <月~土(水を除く)> 6:00、<水> 17:30、<土(主日ミサ)> 18:30、<日> 7:30
駐車場 有り
設備 トイレ有り
ホームページ http://www1.odn.ne.jp/tomas/miiraku.htm
交通アクセス
  • 福江空港からの距離:約(所要時間:約
  • 福江港からの距離:約(所要時間:約
目的地マップ
五島市ポータルサイト
口コミ
一つ前のページへ戻る
フッタ影
五島市ウェブ  五島うどんのうまか食品  五島の美味しい魚をさばく料理店。心誠  恵比寿レンタカー 
ごと  ごと  バナー広告募集枠  バナー広告募集枠